MENU

薬剤師の年収や給料アップのために

薬剤師として今の給料に不満をお持ちの方や他に薬剤師さんよりも自分の給料は少ないと思われている方

 

自分の今の年収よりも高い転職も視野に入れて、自分の給料が適正なのかを知りたいと思いませんか?

 

薬剤師の平均年収は、年収500万円前後ですね!

 

この年収、数年前からあまり変わっていません。

 

薬剤師は、年収が高いと言われる割には、昇給率がそれほど高くない職業だと言われます。

 

就職後、1、2年で年収500万円を超える方が多いのですが、そこからそれほどの昇給が期待できない職場も多いと言われていますね!

 

薬剤師として同じ職場で長く働いたからと言っても薬剤師の年齢による平均年収よりも高いとは限りません。

 

薬剤師の場合、職場、職種や役職などのよって大きく年収の差が出ることもあります。

 

例えば、薬剤師の就職先としては一番多い、調剤薬局とドラッグストアを比べた際に、昇給額が多いのはドラッグストアに軍配が上がることが多くなっています。

 

特に大手のドラッグストアで店舗を任される立場や地域の統括、管理薬剤師などの役職になれば、年収は大幅にアップすることもあります。

 

調剤薬局では、管理薬剤師や責任者になれば年収、給料アップもありますが、昇給率だけ見ると調剤薬局は、薬剤師の職場の中ではそれほど高くないと言えます。

 

薬剤師の給料での転職希望者も調剤薬局で働いている方が多いことからも調剤薬局で働いてきて来た方の給料への不満なども少なからずあると言えますね!

 

もちろん、給料、年収の不満には仕事内容に見合う給料出ないので転職を考えている方も多くいますので、調剤薬局の薬剤師さんが転職が多いというわけではなく、調剤薬局で働く薬剤師さんの割合が多いので、調剤薬局で就業している薬剤師さんの転職が多くなるのは当たり前です。

 

 

ここまでは、薬剤師の転職の単なるデータでしかありません。

 

それでは、薬剤師として今の給料や年収、条件の割に収入が少ないなどの理由でもっと条件が良く給料アップが出来るなら転職を考えている方に、薬剤師の転職事情に軽く触れておきます。


薬剤師の転職事情

薬剤師さんの転職はそれほど多くない職業だと言われます。

 

薬剤師さんは、就職後同じ職場で働き続ける方が多い職業ですね!

 

女性の多い職業ですから、結婚後に仕事を離れる方も多く、それほど仕事への不満がある方も少ないからではないでしょうか?

 

特に女性の薬剤師さんは、転職にそれほど興味のある方は多くないと言えます。

 

女性薬剤師差によりも男性薬剤師さんの方が、転職に興味のある方が多いと言われます。

 

また、女性薬剤師さんの転職理由として多いのが人間関係、条件面や夫の転勤などが挙げられます。

 

逆に男性薬剤師の転職理由では、給料、年収への不満、条件、将来性などが挙げられます。

 

男性薬剤師と女性薬剤師とでは転職理由も違えば、転職する際に条件なども異なると言えます。

 

男性でも女性薬剤師でも薬剤師さんは、転職には慎重な方も多く、転職を少し検討していても中々、行動に移す方が少ない職業だと言えます。

 

例えば、当サイトでも薬剤師転職サイトなどもいくつか紹介していますが、無料登録で特に転職をお悩みの薬剤師さんには優良な情報が手に入ると言えますが、登録までに時間が掛かったり、中には登録しない方も居ます。

 

多分、薬剤師さんの転職希望の方は、それほどの焦りはないと考えられます。

 

今の職場に不満のある薬剤師さんでもすぐに転職したいと考えられている方は少なく、そこまで切羽詰まった立場ではないのではないでしょうか?

 

また、薬剤師と言う職業は、転職先もそれほど探すことが難しいくなく、売りて市場ですので、すぐに決断しなくてもいつでも転職は可能だと思われる方も少なくないと思われます。

 

ですので、薬剤師の転職では、転職に行動を起こす方もそれほど多くなく、薬剤師転職サイトなどの求人も好条件や希望する給料、条件の求人を見つけやすいと言えます。

 

薬剤師の年収アップの転職

薬剤師として給料のアップ、年収をあと100万円アップしたいという希望の方も居ますよね!

 

先ほども書きましたが、薬剤師業界は、転職を実際にする方はそれほど多くなく、人手が不足している会社や店舗もあります。

 

薬剤師の転職は、希望通りの条件などの仕事探しがしやすいと言われます。

 

実際、今の給料、年収よりも100万円アップなどが普通に求人募集で見ることもできます。

 

後は条件や就業場所などが通勤圏内なら転職候補となりますよね!

 

薬剤師求人サイトや薬剤師転職サイトなら多くの薬剤師求人を見ることが可能ですので、自分の思っている条件や給料よりも魅力のある職場なども見つかることもあります。

 

ただ、薬剤師の転職でも違う職場、調剤薬局から病院や企業などの場合、条件は難しくなることもあります。

 

薬剤師の職場でも人気が高い職場は、転職先でも条件、報酬面で不利になることもあるので、まずは、薬剤師転職サイトなどでいろいろな求人を見たり、紹介や担当者とのコミュニケーションでいろいろな情報を入手してみましょう!

 

薬剤師の限らず、転職での失敗は許されません。

 

ですので、転職を検討しているならより良い情報を早く入手して時間をかけてより良い条件の仕事、職場を探すことが重要だと言えます。

 

そのため利用したいのが、薬剤師求人サイト、薬剤師転職サイトで、その中でも情報量、求人数が多いサービスを選ぶことは重要だと言えます。